釣りじいさんのぼやき

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうして死に急ぐの。

青少年の自殺。
この数年信じられない実態が浮かび上がっている。
どうして死に急ぐの。

将来に夢が持てない。
親や友人や先生が信用できない。
生きていく自信がない。
相談できる相手がいない。
いじめから逃げられない。

こういった理由で青少年の自殺が急増している。
塾を初めて30年。
数千人の子どもたちと接し、その親御さん達と面談し、数多くの会議に出席してきた。少なくともその塾の歴史の中で自殺者は出ていない。しかし、「死にたい」と漏らした子どもたちは数人いる。主な要因は上に書いてある通りである。

そんな場合、子どもたちと真剣に向かい合い、彼らが納得いくまで話し合う。親が同席すると話しにくいようなので、1体1の話し合いになる。よく話してみると、人生を歩んでいる中での「未体験・未知からくる漠然とした不安感」が原因のようである。

こういう考えを持つ子どもたちの共通点がある。

親と話す時間が持てない。
相談する先生や大人や友人がいない。
一人っ子の場合が多い。
比較的裕福な子どもが多い。
「いじめ」らしきものにあっている。
部活動のような集団行動が苦手である。
自分の部屋に閉じこもりゲームや漫画に耽っている。

でも、わしの考えに拠れば、大人になる自信と明るい展望が見えない社会にその原因があるように思われる。貧困な国家には自殺者は少ないが、富める国には自殺者が急増している。最近叫ばれる「格差社会」が影響しているのかも知れない。「あの人にはついていけない。あの人と比べられたくない。自分らしく生きたい。」こんな漠然とした判断と願望が渦巻き、やがて無気力になり、自殺や暴力に走る。

では、自殺を防ぐ手だてはあるのだろうか。
「ある!」。

学力以外の多様な人間の価値判断を認める社会の構築。
家庭内での親子の話し合いを促進するカウンセリングの強化。
家庭内の時間より多く過ごす学校のシステムの改善。

もちろん、「子どもたちから逃げない大人」そして、「自然と共生する社会」が前提になる。そこで、わしの提案:小学校教育の半寮制度。この提案については後日書きたいと思う。今日はここまで。

IMG_0082.jpg

スポンサーサイト

コメント

狭い社会だからかな

釣りじいさん、皆さん こんにちは
毎日のように報道されていますが、未だに学校の対応は悪いですね。
自殺者が年間3万人と言うのも横の社会が希薄だからでしょう。
遊び友達は何人もいても、悩みを話せる親友が居ないというのが
現実なのでしょう。
困ったことに成りました・・・・

毎度です。

英樹さん、毎度です。
この問題は底が深いので、難問ですが。
だからこそ、大人達が(関係者が)立ち上がらなければなりません。
でもわしには昔から抱いている解決策のひとつがあります。
後日書きますので、ご意見お願いしますね。

クーデターですか?

> わしには昔から抱いている解決策のひとつがあります。

うわ~ 革命ですね。
え?・・・そんな過激なものじゃない? 済みませんでした。(^^;
そうですか、その時は是非よろしく。

ヨーロッパの。

ヨーロッパの国々で行われている教育制度のようなものですよ、
英樹さん。
決して革命でもなんでもありません。
その節はご意見お願いしますね。

失礼しました

過激な話では無かったですね。
実りのある教育になると良いですが、日本は役所の既得権が
優先されて改革が遅れますから心配ですが。
釣りじいさん、有り難うございました。

阿倍さんに。

阿倍内閣メールマガジンを受信していますので、わしの考えも
送ろうと思っていますよ、英樹さん。
なんせ「教育改革」も阿倍さんの公約ですからね。

釣りじいさん、昨夜のNHKの番組観ましたか?
双子の兄弟、筋ジストロフィーの画家のドキュメントでした。
感動をもらいました。

私たち大人は子供達にどんな展望を話せるんだろうか?
みんなが支えあって生きていける社会であって欲しい。
勝手な自分じゃいかんよね。

生きてる、生きていられる当たり前の毎日に感謝です。

こっちにも!

凸っぴさん、ども!
こっちにもいらっしゃ~~~い。

見ましたよ。健常者よりも彼らの世界は凄いと思いますよ。彼も、スポーツ選手も、音楽家も。

「自由と勝手」のはきちがいじゃないかな~。
自由って結構責任があるんですよね、勝手は=無責任だと思うから、全く反対の言葉だと思いますよ。

「当たり前に生きる」難しさ・・・考えちゃうよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わしにも相談を。

鍵コメさん、こんにちは。
あなたには周りに相談できる相手がいたからよかったですね。
たいしてお役には立てないけど、何か悩みがあったら遠慮なく
相談してくださいね。

自分と同年代の人たちが自殺を考えるということにショックですよ。。
僕は困ったり悩んだときに相談できる相手がいますし、逆の立場ならできるだけ相談にのってあげます。そのおかげで今まで自殺は考えたことはありません。

ネットの普及などで今までなら子供が得なかった知識を得ているのも原因なんじゃないかな、なんて思ったりしますね。

ま、僕は楽観的な人間ですので生きてりゃ辛いときがあっても必ず楽しいことがある。って考えですし、釣りのことを考えたら楽しみで楽しみで死ぬどころじゃありません(自爆)

さすが!

さすが!つーじ君じゃね。君は優しい性格の持ち主だから、いろいろ相談するよりは相談されることが多いでしょうね。奉仕活動にも積極的だし、いい性格をしていると思いますよ。
ネットも自殺の要因ですが、もうそれを避けて社会は成り立ちませんから、ネットと正しく対峙する教育も必要となるでしょうね。

そっ、辛いときはじっと耐えて釣行の日を数える!
わしの後半30年間の生活はまさにこれでした・・・ぶつぶつ。

限度を知ってほしい

「いじめ」で自殺する少年が相変わらず出ていますが、今回のはひどいですね。
どんなに文化が発達し、教育に力を入れても残念な事に「いじめ」を全くなくすことは出来ないような気がします。自覚していない「いじめ」もあるだろう。
「いじめ」る側がこれ以上やったらいけないと気がついてくれたり、廻りが注意出来るようだったらいいのでしょうが・・・こんな事は理想で出来るようだったら苦労しないかな?

ですね~。

嘉さん、今晩は!
「いじめ」の定義自体が難しいですよ。
本人の感じ方、被害者意識によりますからね。
ま、俗に言うイジメは昔からありましたが、最近のように陰湿なイジメ、言葉の暴力、集団からの無視・・・これらは異質だと思います。特に最近の教師による「いじめ」、これは我慢できませんね!

何かお手伝いを・・・

自殺する人の気が知れんのだけど・・
関高健の本を読んだとき?自殺を考えない人は
おばかさん?
悩みがあるなら俺にまかせろぉ~!!
・・・・・(退職したらねm(__)m)
まだローンがあるからやめられんの・・ぷぷっ
人生、楽しいよぉ~♪

1人で考え込むことがいけんみたいですね。

自分だけ、なんで私だけ?みたいな、ことが自殺に繋ってったり。。
複雑な話ですよね。。

「命の大切さ」を再考しないとですね!
自分の命!人の命!
自殺やら、殺人やら、動物虐待やら。
みんなせっかく、この世に生を与えられたのだから・・・
やはり、最近の社会がちと歪んでるんでしょうね!

ローンね!

ほった老人さん、こんです。
ローンね、そうそう、そのために生きているようなもの(笑)。

はんと受けた生はしっかりと生き抜いてほしいものですよね。
お互いに頑張りやしょう!

しっかり生きてね!

安浦の釣り人君、こんです。
君はまだまだ若いから、しっかり生きてくださいね(笑)。

勉強に、釣りに、部活動に、サイクリングに!
時にはしんどいことも有るけれど、人生楽しみもたくさんあるよ!

もし、悩みがあったら相談してね。

娘さん。

最近すっかりブログデビューの娘さんのためにも、頑張って生きていきましょうね~、でぶまささん!

それにしても、最近若い人たちの自殺が増えています。
残念なことです。
素敵なこともたくさんあるのにね。

先生によるいじめ、実際近くでもあるようで、耳にすることがあります。
小学校の先生も当たりハズレが大きいらしく、がんばっている先生たちがかわいそう・・・っていうか、”先生”っていうだけで尊敬できた、私たちの時代とは、明らかに違ってきてるようです。

先日の森の中、子供たちを両脇に抱いて眠った夜。
寒かったけど、なんとも言えず幸せでした。
そういうシンプルな幸せを、もっと子供たちに味わってほしいなって思います。

ですよね!

おちゃさん!
お元気でしたか?
そうですよ、一生懸命頑張っている先生も政治家も公務員もいるのに、一部の心ない人間によって否定されてしまったり批判されてしまうのは悲しいことですよね。
両脇にお子さんを抱えて幸せな時を送っているおちゃさん。
でも、そんな当たり前の、そしてシンプルな幸せすら味わったことのない親や子どももいると思うと寂しくなりますよ。
国が偉くならなくても、国民一人一人が小さな幸せを掴める世の中であってほしいとおもいます。

先生に応援です!

温思のお世話になった先生方は、本当に熱心な先生方ばかりで
卒業しても、ボーリング大会、ハイキング、旅行など、日曜日を
返上して色んな企画に参加して下さいます 今でもよく応援して
下さり、ほんの僅かな人達の為に批判されたのでは、可哀そうです

頑張って。

そうですよね、温思君のお母さん!
先生方には是非頑張ってもらわないとね。
温思君は素敵な先生と巡り会えてよかったですね♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://global.blog8.fc2.com/tb.php/262-8d8df7ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

■プロフィール

釣りじいさん

■星が見える名言集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

■最近のコメント

■リンク

このブログをリンクに追加する

■FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

「一人旅」にランキングしています。 よろしくお願いです!

■FC2カウンター

皆さん、アクセスありがとうございます!

■最近の記事

■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。