釣りじいさんのぼやき

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんポスト!?

今話題の赤ちゃんポスト。
でも、実態は「姥捨て山」ならぬ「子捨て山」。
人の善意が伝わらないのか、はたまた本当に子育てが大変なのか。

世の中景気がよくなったとは言うけれど、実態は?
結局第2のバブル。株価の操作だけの景気回復。
雇用形態を強引に変えての企業倫理の優先。

国は本当に少子高齢化を考えているのだろうか。
この夏の参院選、国民は冷静に、そして心から日本の行く末を考えて一票を投じて欲しい。

動物や植物の世界の方が遙かに過酷。
でも、彼らは人間以上に必死に「生きること」そして「子育て」に専念している。少なくとも親殺しや子殺しはない。生きるための「共食い」はあっても・・・。

虫さんたちも必死に子づくり、そして蝶さんたちも必死に食物集め。
人間さまも彼らに見習うことは多いはず。ぶつぶつ。

IMG_0296.jpg


IMG_0302.jpg


わが家の雑草だらけになってしまった庭で繰り広げられる、虫と蝶の競演。カメラを向けても必死に生きるための活動をやめない。にゃは!
スポンサーサイト

コメント

同感です。

何が問題なのか理解できないが 可愛い子供を捨てる
母親を殺し頭部を持ち歩く、家族を人質に拳銃たてこもり・・・ 自分の常識では考えられない事が次々と起こり厭な一週間でした。~ぶつぶつ 
高度成長期に親の教育が悪かったのか? 国や企業の目先の事ばかりを優先したつけが来たのか? 早く対策を取らないと・・・ぶつぶつ 自分は近所の親や子供たちに声掛け運動をしている コミニュケーションの向上から始めたら如何でしょう。
安心して老後が迎える世の中に・・・致しましょう。

わからない

今の世の中、順番が違うと言えばいいのか・・・。
とにかく、育てられない複雑な事情があるのだとは思いますが、子どもができるということには、まず育て上げるという親としての責任感があってのことだと思います。
そこまで考えずに「あっ、できちゃった。」というのが多すぎます。
子育てにはお金もかかるし、体力、精神力が大事です。
子どもができてそう言うことが自然に育つ人もいるけれど、自分が子どもを責任もって育てられないなら、最初から作らないようにすればいいのではないか・・・と、自分は考えます。

おかしいね

 昔の日本はしらないけど、今の日本はおかしいですね。赤ちゃんポスト、あたしはある意味支持します。
だって、助かる命があるんだから。(心の傷は別として)
でも、今回の使い方は間違ってるね。子供をきちんと育てられない世の中にした役人が悪いのか?どんな状況であれ子供を大切にしない大人が悪いのか??
 これから先、日本がもっと悪い方向に進むと思うから、自分自身がしっかりしないと!!ということでしょうか。
でも、一国民に何ができるんだろう、もっと日本人が自己主張しないといけない時代がきているのだと思います。

ぎっくり腰治りましたか?

ここへ来ると魚釣りに行きたくなります。
と言うより、行けないからここへ見に来てるきてる感じです。
うらやましいです。

さて、深刻な話題のようですが、国に期待するよりもまず、自分や家族の身の回りから意識を広めることが大事ではないかと考えます。まず、心と健康の意識を高める事を家族に伝え、友人にも伝えているところです。
これが、発端でブログをやりだしたのですが。
おかげでかなり勉強になっています。

まず、自分が勉強し、見本を見せる事ができれば子供はちゃんと気づいてくれます。
子供の心と体を作るのは食べ物と家族の愛情。
学校任せ(国任せ)にせずに、自分から始めようと言うのが私の信念ですが、みなさんは如何でしょう?

魚釣りの写真楽しみにしています。
応援クリックしときますね。

素晴らしいお写真ですね♪

赤ちゃんポスト、今回の想定外だと言われている一件は前以って簡単に予想できた筈です。他にもきっと本来の目的以外に使う人が出てくるでしょう。本当に助けを必要としている人もいるでしょうが、無責任な人が子育てを安易に人任せにできる便利ポストになってしまう気がします。きちんとしたシステムを考え直さないといけませんね。
子供を育てるのは本当に大変な事です。だからこそ、その中に幸せを感じることが出来、それが又頑張れる力になるのだと思います。とことん頑張ってみて欲しいです。
動物達、一見のんびりと自由でいいなと思われがちですが、毎日命がけで生きています。今日を生き延びる為、子孫を残す為に一生懸命です。うちのパンジーをいつもムシャムシャと食べているナメクジちゃん、パンジー食べつくしたら今度はどこに引っ越すのでしょう?頑張って生きて行ってね。

老後。

ハリーさん、ども!
今回の社保庁の登録不始末にしても、老後が心配ですよね。全く政治家もお役人も人ごとのようで、腹が立ちます。それよりも心配なのは少子化。子育てがそんなに難しいのでしょうか。無駄な予算は全て子育て支援に向けるくらいの覚悟がないと、日本の将来は立ちゆかないような気がします。

子育て支援。

釣りバカ家族のお母さん、ども!
ほんと、このままで行くと日本の将来が心配です。
今日本が考えるべきことは核家族に変わる子育て支援だと思います。地域で子どもの将来を考える機構を早急にうち立てないと大変なことになると思います。
子どもは国の宝です。
その宝をないがしろにする社会は破滅します。
国民が一票を通して声を上げる時がきたのではないでしょうか。

強い国民に。

ななこさん、ども!
お仕事は見つけましたか?

強い国民が望まれる時代になりました。
国防よりも国民の将来を考えてくれる人を選ばなければなりません。そのためには、国民一人ひとりがもっと真剣に政治立ち向かわなければなりません。「なんとかなる」は「なんともならない」将来につながりかねません。私たちが大きな声と行動にうつす時が到来したようですね。

ですよね!

seyいちろーさん、書き込みありがとうございます。
本当にそう思います。
誰かに期待する前に先ず私たち国民一人ひとりがしっかり考え、そして行動しなくてはなりませんよね。

しかし、どのように考えそして行動するのか手探りでわからないことも多く、ためにただただ「ぶつぶつ」言っているだけのような気がします(笑)。

国の指針を待つのではなく、国民の考えが直接反映されるような社会にするためには、先ず私たちを正しい方向に導いてくれる人が必要だとも思いますが・・・。

せめて老後は好きなキス釣りができる世の中であってほしいの~、にゃは!

ほんとうに。

ぷりんさん、ども!
ブログを始め、デジカメを始め、そして気がついたのは動物や植物の真面目な「子育て」です(笑)。
どうして、人間に出来ないのでしょうかね。
欲望が邪魔をするのでしょうか。自我が邪魔するのでしょうか。もっと、原点に返って、子どもをつくる喜び、子育てをする喜び、成長する子どもたちを見つめる喜びが享受できるような世の中であってほしいと願います。

このまま行くと第2,第3の赤ちゃんポスト異変が起きるような気がして憂鬱です。また、そう言う子育て支援の貧困な国の政策や地域の無関心が大いに心配です。

こんばんは。
そうですね、ミーハー的に投票する方が多々・・!。
この辺で真剣に7月の参議院選挙を直視し投票してもらいたいものですね・・・・なんてちょっと真面目なコメントになりましたが!!。

私、こう見えても(どう見られてるか解んないけど)選挙と言う選挙は棄権無し・・・が自慢(当たり前なんでしょけど)。。。

おかしい世の中に・・・

バブルとやらが弾けてからなのか・・・?
世の中色々なことがおかしくなってますね~
相変わらず物騒な事件が続いたり・・・
仕事の関係でも昔ながらの人間の情という面がなくなり
、とにかく安く・・・
仕事が面白くなくなってるのは事実でありまして・・・
色々な場面で人間関係がギスギスしてます。
どうなるんだろう日本の行く末は~
夏の参院選大事ですね~

いやいや。

かっちゃん、ちびっとお久です。
お元気でしたか?
いやいや、今のご時世選挙権をきちっと行使する人が少ないですよ。
わしたちの一票で政治が変わるとは思えませんが、でもいつかは大きなうねりになるはず!

人間関係。

でぶまささん、こんです!
ほんまに、最近の人間関係は希薄になっています。
み~んな釣り人の気持ち・・・ときにはぎすぎすしますが・・・で海に向かっている気持ちが欲しい(笑)。

確かに仕事もおもしろくないことが多いですよね。
安ければええのか!
もっと心のこもった交流をしたいですよね。

こんにちは!
こんな事が有っては行けないのですが・・・
今日のニュースではゴミ置き場に新生児が捨てて有ったと言っていました。

マーガレットでしょうか・・・
子孫繁栄のために虫さん頑張っていますね

ほんまに。

しまちゃん、ども!
そうですよ、ほんまに困ったことです。
人間がこんないい加減なのに虫たちは一生懸命です。にゃは!

困ったことで・・・

できちゃったもえ~けど、自分の責任を考えなきゃ~ね~。
権利ばかり主張する人が増えて・・・ぶつぶつ。

遅くなりましたがやっとupしました。

全くね~。

mebaruさん、ども!
ほんまにね~、困ったもんですよ。
人間の命をなんと思っているんでしょうかね~。

は~い、後でうかがいますね。

子育て

私達の若い時は子育てはそんなに大変とは思わなかったが 今は大変なのかな~ 先日も若い奴が会社を辞めた 何か有った時親の傍が良いので奥さんの実家近くの企業に再就職・・・退職理由も変わってきた。

共稼ぎしないと持ち家、車、子供の塾、習い事はとても対応できない
其れを維持するため愛情、情緒、情操などが薄れ 殺伐とした社会に成ったのか?他人を意識し身丈を忘れている。 もっと足元を見つめて生きて行って欲しい。

ですね!

ハリーさん、ども!
ですね~、身の丈を忘れて自分の人生を楽しもうとする人たちが増えているのは事実です。当然どこかに無理がでます。そして、今回のような悲しい事件がおきます。
自分の足下を見て、しっかりと人生を捉えて欲しいものです。

うちのベランダでも、プランターのあぶら菜や大根菜が青虫君に食べつくされてますが、
一生懸命生きてる姿を見るとねえ・・・
なんだか取る気になれなくて、そのまんまです。
ご近所のツバメのヒナも、親鳥の必死の世話の甲斐あって、
だいぶ大きくなってきました。

ほんとにね、人間も、がんばらなくっちゃ^^

ものづくりと・・・

おちゃさん、ども!
おちゃさんも子育てとものづくり、大変だと思いますが、
可愛いkonaちゃんやikki君のためにも頑張って下さいね。
それと楽しみのリメイクもね!

赤ちゃんポストに賛成ありがとうございます
私は、30年前に慈恵病院の敷地のなかで ハンセンシ病の施設で仕事してました。
その頃 子供ホームもあり 置き去りにされて子供ホームで大きくなり養子 養女に行って幸せに育ってる子供も沢山います。
中には、養母に合わないで帰ってくる子供もいました。
8月に見学に行き 相談者には、今育てられなくても 連絡を取り合い後では、一緒に生活するように進めてるそうです。
中高生に 赤ちゃんを簡単に置ける場所を作ってと批判の声もありますけど戦中 戦後の戦災孤児や中国からの引揚者で苦労した人は、あまり反対を言わないし 戦時中に知り合いがいて疎開先があった人や食べ物に困ってない人 戦災孤児を知らない人は、反対をいうそうです。
慈恵病院の敷地のなかにあった子供ホームは、戦後は、400人以上の子供がいて 職員は徹夜の毎日で子供を育てたそうです。 

初めまして。

リリーさん、今日は。初めまして。

「赤ちゃんポスト」はスタートしたばかりですから、まだ判断ができませんが、いずれにせよ、我が子を安易にポストにいれることには疑問があります。実際子どもを育てることは大変なことですが、生まれてくる子供には責任はありません。生んだ限りは責任を持って育てなければなりませんし、そのための國の支援も当然の事ながら必要です。今の政治家や官僚に、子どもを育てる、その子どもたちが日本を担ってくれる、という当然のサイクルを見ながら、10年、50年先の国民のことを考えている人がいないように思えることが残念です。

リリーさんは大変な体験をなされたようですが、この問題はもっと真剣に考えてみる必要がありそうですね。書き込みありがとうございました。

釣りじいさんへ

赤ちゃんポストの病院の裏には、老人ホームもあります。
子供より老人を置きに来る人が多かったので老人ホームが出来ました。現在は、熊本市で人気のある老人ホームで希望しても 中々入れないそうです。
ハンセン氏病の救済の為に外国からきた5人おシスターが 子供ホーム 養老院 病院 看護学校 幼稚園と作り 熊本市の歴史にも記載があります。
幼稚園も障害を持った子供の受け入れも 30年前からやっていて始めたきっかけが 幼稚園の前に住んでる自閉症の子供を遠くの幼稚園に連れていく母親を見て 幼稚園でも見られないかと始めたものです。
釣りじいさんの言われるとおり 子供や障害者の支援は、考えられてません。
修道院がやってたことを 慈恵病院が始めただけなのです。

聞いていますよ。

リリーさん、どうも!

多くの修道士、修道女、NPO等の方々のご努力で辛うじて行われている善意の活動、聞いております。
國や地方自体はその善意に甘えている現状。
これが世界にかんたる先進諸国日本かと思うと悲しくなります。
無理や無駄を省いて「弱者が安心して命を全うできる社会」を確立して欲しいと思っていますが・・・望は薄そうです。私たち大人一人ひとりが立ち上がらない限り、安心して生を全う出来そうにありません。今こそ国民一人ひとりが自分たちの國の将来や、自分の家族の幸せを本気で考えねばなりません。本当に国民のためになるので有れば消費税が上がろうが、保険料が上がろうがガマンしなければなりません。でも、その大切な国民の血税が無駄に使われている現状を考えると、強いリーダーシップのとれる指導者が必要であると思います。

釣りじいさんへ

赤ちゃんポストは、東京のある病院でも考案中だそうです。
修道院が日本に来て 125年の歴史がありますけど近隣の人たちと仲良くしてたのが良かったといつも言ってました。
私も7年間仕事していて 戦前の話では 自給自足でやって 子供 老人 病院の施設をやってたんです。
外国から来たシスターたちは、農学校を卒業してたので 家畜や鶏舎小屋やパンを焼いたり色々なことの出来るシスターでした。

困苦を乗り越えて。

リリーさん、どうも!

修道院の歴史はかなり古く、人類が経済活動に目覚める前から存在していたようですね。修道士や修道女の皆さんは、ご自身の不自由も顧みず「病める民」を救済したそうです。ですから「生きる」ための知識や経験が豊富で、資金が乏しい中で自活できたのかもしれません。現代人は資金があっても自活力がありません。そして、全て自分の不幸を周りのせいにして、自分では苦労をしません。地球の限りある資源が枯渇し、温暖化に向かう中で一体どのようにして「自分を守る」ことができるのでしょうか。不安です。

釣りじいさんへ

温暖化で後5年すると起こることは、50年前から分かってるんですけど 温暖化を止めることは、不可能に近い状態です。
ある人から 5年後に起こることのために お米と塩 水は準備しておくようにと言われました。

準備は自分で。

リリーさん、ども!

そうですよね~。
いざというときの準備は自己責任。
結局、人を頼っては生きていけない。
悲しい現実です。

でも・・・子どもたちのために何か行動をおこさないと。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://global.blog8.fc2.com/tb.php/352-2a52df19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

■プロフィール

釣りじいさん

■星が見える名言集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

■最近のコメント

■リンク

このブログをリンクに追加する

■FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

「一人旅」にランキングしています。 よろしくお願いです!

■FC2カウンター

皆さん、アクセスありがとうございます!

■最近の記事

■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。